スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レズの悩みについての話1

こんにちは、ネバヤでっす。

こないだからの続き「レズ特有の悩み」みたいなので、カムについての意見をたくさんもらったんで、その辺を書いてこうと思いマッスル。

わりと真剣に考えてくれたのが分かったので、ワタシも負けじとわりと真剣に考えてみたのだよ。





んでさ、前提として言っときたい部分があってだな。

前にも書いたと思うけど、レズっつっても色んなのがいて、皆環境や考え方、優先順位が違うってことを念頭に置いといて欲しい。んで、ワタシの意見はきっと皆があてはまる部分が多い王道意見ってわけでもない。だから、これを読んで、おめーらが個人的に当てはまらん部分があってもだな、なんだかんだと悩んだりすんじゃねーぞ。参考になりそうな部分があったら、参考にしてくれな。

なんつーか、ありがちな「みんな違ってみんないい」「ひとりじゃないよ」というようなさ、当たり障りない感じになっちゃてもつまらんだろうし、おめーらも「あ、ハイ・・・」みたいな、消化不良みたいな感じになるんじゃねーかなーと思ってさ。だから、好き勝手書いちゃうから、な!

んじゃまず、
>カムしたらなんかいいことあんの?
ってとこから。これは相手が友人か家族かってのでハードルが違うけども。

メリットとしては、悩みコメントでもらってた
・カムしてないからノンケに不思議がられて質問されんのウゼー
・カムしてないから目の前でレズをディスられていやーん
みたいな悩みはまー、なくなるよね。

他にも、隠さなきゃいけないストレスから解放されるってのもあるし、恋愛話できるってのもある。

ワタクシの場合は、親しい友人、家族へのカムはかなり前に済んでるのね。カムするメリットが見出せないって方から、「ネバヤさんがカムをした理由はなんですか?」ってコメントもらって、う~~~~~ん。初心はどんなんだったっけな?って考えてたんだけども。

ワタシが二丁目にはじめて行ったのって、17か18歳くらいだったんだけどね(もう16年前だぜうひゃー)。その頃ってさ、もっとレズって変態的なイメージだったわけさ。あるいは、ザ・夜のお仕事って感じだったの。おなべ・おかま=夜の怪しいバー、みたいな。今みたくネットでお勉強できなかったからね。
だからワタシも、自分は変態だー!でもしょうがないよねー!って、変態の扉を叩く覚悟でえいやっと飛び込んだのよね。ま、フタを開けてみたら、フツーに遊び人もいてフツーに良い人がいて、モテも非モテもいて・・・みたいな感じだったので拍子抜け&嬉しかったけどね。

んで、カムについてだが。
レズバーとかイベントに通ってるってことは、当時の学友とかにはフツーに言ってたな。カムというよりは、おめーら行ったことないだろう、みたいな一種の自慢みたいな感じかしら…。もうこの時点で、レズである自分が気に入ってて、その一員だってのが誇らしかったんだろうな…なんつーか情報通みたいで。でもこれは美術系だったからかもなあ(個性的な方が評価されがちだったりするので)。フツーの女子大とかならそんな感じにならなそうだよね。

ここまで思い出してみて、あれだ、ワタクシの場合は、他の人と違うってことが別にネックにならなかったんだと思う。もともと変わり者だって思われてたろうし、いわゆるフツーの女の子っぽい友人って周りにいないしなー。どっちかっつーと当時は、レズだからというより心からときめく人がなかなか見つからなくて悩んでた気がするわ。

というわけで、「ネバヤさんがカムをした理由はなんですか?」は、レズである自分が気に入ってて、その一員だってのが誇らしい、みたいな自慢をしたかったから…かなあ。なんかアホっぽいな。でもこれは学生時代の話だからね。彼女ができてからはやっぱ人生の方向性はレズなので、足場を固めて行きたいって思いがあった気がする。

友人へのカムについては、自分でさえも思ってた「レズ=変態」ってのを、ほんとは違うんだぜ!私も思ってたからおめえの考えも分かるが、けど違ったんだぜ!ってちゃんと伝えられれば大丈夫だ、みたいな変な自信があったんだろうな、と思う。もともとワタクシ世間的にきっと個性的なポジションにいるので、周りもそんなに驚かなかったし。驚いても変な目で見られてもいいや、逆に閉鎖的で面白くないやつを特定できるわヒッヒッヒ、くらいに思ってたな。

今でも、友人へのカムはこんなスタンスかもしれない。カムして変に気を使われるのが嫌、とか素っ頓狂な反応されるってのがあったけど、最初はそうでも時間が経ってくるとまた違ったりするからな。カムされた側も色々考えるだろうし。

職場とかがからんでくると、こうはいかないけどね。

私は職場関係では、カムする・しないはキッチリ分けてるのよ。
・仕事だけの付き合いの人=カムしない
・仕事関係なくても会う人=友人だからカムする

まー、社会に出ると気の合わん奴とも仕事せにゃならんからな。私は仕事離れても友人でいられるような人以外はクローゼットにしてる。そんなに厳密に隠してるわけじゃないけどね。でも特に不自由は感じないかなー。
呑みの席とかで話振られた場合は、「7年になる同居人がいますのよー」みたいな感じで統一してるし。詳しくきかれた場合は「7歳下でカワイイ感じですよ、テヘペロ☆」って言っといてる。

彼女を男と言い変えてまで恋愛話する理由がわからん、みたいにコメント書いてくれた方がいたが、「特定のパートナーがいる」とアピっとくだけで、合コンの誘い、いい男紹介する!を未然に防止できるんだぜ!恋愛に興味持ったほうがいいよー等の独り身をターゲットにした大きなお世話とかも撃退できる。これは私にとっては大きなメリットだなあ。

ま、周りがこういう恋愛話ふってきてくれんのも若いうちだけだよ。
結婚しないの?とかももう30過ぎるとあんま聞いてくれなくなっちゃうしな。


って、ちょっと長くなりすぎた、な!


考えてて思ったのは、ひと昔前は、もっと情報が少なかったから、偏見があることとか差別されんのとかが当たり前の前提だったから、今はレズだって自覚したり、周りにカムしやすい時代になったな、と思う。そんでもまだやっぱカムの悩みは多いんだな。

なんか、書いてる途中で思ったんだが、あんま参考にならんなー私の体験談(笑)すまん…!
家族へのカムとか閉鎖的な地元とか、レズの出会いについて触れられてないが、後日また書くからね。

↓クリックしてね!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私がコメントして良いものかどうか迷いましたが書いちゃいます(てへ)。また長くなると思うので覚悟してね、ネバヤさん(笑)。いやあ、しかし、今回のエントリーを読みながら改めて思いましたが、ネバヤさんはほんとにポジティブで強くてカッコイイですよね!前進する、ダメでもポジティブな方向に変換する、みたいな…口で言うほど簡単じゃないとは思うけど、このさき辛い思いを抱えてずっと生きていくより、自分自身が幸せになるために自分の中からも何か変えるように努力することが大事なんだろうな、ってのを自分の経験から学んだことがあります。
あと、相手に恋人がいるか、結婚するのか、子供は作るのか、そういうのってほんとに余計なお世話だと思うんですよね~。ネバヤさんのおっさるとおりです。最近の私なんて、知り合いから「誰々さんて子供いるの?」「知らない、そういえば聞いたことない」みたいな返答をしては驚かれます(興味なさすぎ・笑)。
あと、一般的に「~であるべきだ」みたいに思われることが正しいわけでも世界にいる全員の幸せに繋がるわけでもないと思うんですよね。人によって違って当たり前。私は自分の一般論と違うから、自分の頭で理解できないから、そういう形もあるって受け入れようとするんじゃなくて、逆に排除したり、自分の意見を押し付けて相手を変えようとする?ってのが大嫌いです。それってエゴだと思うんですよね。
とにかく、私は、ネバヤさんの"I love the way I am!"が大好きです。 

No title

自分の事を包み隠さずにカムして理解を得れるか?親しい間柄でも反応は様々。別に良いんじゃない、貴女は貴女で何も変わらないよって何時もと変わらずに居てくれるのが望ましい。。と私は思います。ありのままを受け入れてくれる人が居るだけでどんなに救われるでしょうか。性別とかでなく、人として向き合ってくれたらいいな。

自分は変態だーでもしょうがないねー
ってなる所が。笑
私18歳の時、そんなこた思えなかったっす!笑
あぁ、こんな風に楽天的だと人生100倍楽しめますねー!
そうなりたいなー
続き楽しみにしてますヽ( ̄▽ ̄)ノ

No title

私も「レズ=変態」と思っていたからこそ、レズである自分を受け入れるのに時間がかかってしまったんですが、その考えが変わったからカムできるようになった気がします。
私の場合は出会いの可能性を少しでも拡げるために、職場だけの付き合いの人でも、恋愛話になった時にはカムしちゃってます。ビアンよりゲイに出くわす率が高いですけど(笑)ゲイの男性ってビアンより圧倒的に多そうです
カムしてわかったことは、カムしたことで見方が変わるような人はほとんどいないということ。
20年程前だととても無理だったので、本当に昔に比べるとカムしやすい時代になりましたよね。

おへんじ

>ハラメグさん
わはは!やったー長い長い!どうもありがとうです!いえいえ、ハラメグさんをはじめ、ストレートの人も読んでくれるレズブログであるというのが私の誇りです、コメント本当に嬉しいです!
ハラメグさんのそういう考え方、私もすごく共感するんです。私がストレートの方についてどうこう言うのも変だけど、「こうでしょ?」って一般的に決めつけられてしまう、というエゴの嵐がけっこうエグイ感じでグイグイ来るだろうと予想します。ハラメグさんもイライラするだろうなー、と心中お察しいたします。セクシャリティや住んでる国関係無く"I love the way I am!"を一緒にやってきましょう!ヨーロッパに同志がいるようで心強いです!^^


>小僧さん
うんうん、ほんとそうですね、ノンケとかレズとか関係なく、最後は人と人って思います。年取ってくると更にそう思います。
地域や年代の話も後日書いてみようと思ってますので、その際にはまた御意見聞かせてくださいね!


>けーさん
わはは!楽天的だよね、自分でもそう思うっす。でもポジティブのほうが得よ。絶対お得な人生よ。おすすめするわ。
ユキちゃんが言うには、私はマイノリティとして困らないような道を無意識に歩んでるようなところがあるんだそうな。そういうラッキーに支えられてる部分もあるのかもです。


>華唄さん
コメントありがとう!おお、職場にゲイ友がいると色々楽しそうですね!いいなあ(笑)確かに、カムしたことで見方が変わるような人って、私も数えるくらいしかいなかったですね。
本当に、カムしやすい時代になりました。これから先、もっともっとそうなっていくといいですね、そしてなっていくでしょう!
ランキング用バナー
カテゴリ
ビアンリンクはこちらー
検索フォーム
QRコード
QR
閲 覧 中
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。