ブログ村カテゴリについてーん

ネバヤでっすこんばんは。

そういや、噂では聞いてたんですけども
なんか、先生がブログさぼってる間に、ブログ村のカテゴリ変わったんですって?
先生いっつもバナーのhtmlタグ コピペしてっから気づかなかったんですけど。

前って、「恋愛」カテゴリの中に「同性愛・ビアン(ノンアダルト)」ってのがあったよね?どう変わったんじゃい?って調べてみたらアンタ!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村
↑なんぞこれ!(笑)

字、間違ってるやん!逆にうけたわ!
ってか、いつからよ!誰か要望出しなさいよ!
教えてやんなさいよ村長恥ずかしいでしょ!かわいそうでしょ!


え?お前がやっとけって?


ハーイ。わかりましたー。チャッスー。
先生ヤットキマース。

というわけで、先生皆様のために要望出しときました。



以下、自分のための要望メモ(※固いので読み飛ばし推奨)
------
ランキングカテゴリについての意見

ブログ村さんの「セクマイ・嗜好」カテゴリについてですが、ます、セクシャルマイノリティの件に関しては、「嗜好」という表記を使うのは適切ではありません。性的嗜好は “sexual preference” の訳語です。性衝動の対象や行動目標において特定の好みやこだわりが存在する場合などを指します。(属に、ポルノの好み、フェティシズム、SMプレイなどが当てはまります)。これらは同性愛というくくりではなく、異性愛者にも存在するセックスに関する嗜好(好み)を指す言葉です。

正しくは“sexual orientation (性的指向)” という表記になります。
恋愛対象の性別についての方向性に関しては特に「性的指向」と呼びます。
なので正しくは「セクマイ・性的指向」や「LGBT・性的指向」となります。
バナーなど、直ちに修正をお願いいたします。

あと、もう一件。
以前は「恋愛」カテゴリの中に、「同性愛・ビアン」カテゴリがあったと思いましたが、1年ぶりに復帰してみたら変わったようですね。

生活・恋愛などの大きな区分けがあるにも関わらず、わざわざ「その他」枠に
「セクマイ・嗜好」とカテゴライズし、同性愛関連のブログを分けた理由を教えてください。
「恋愛」に含めず、目立たないように隔離したかのような印象を受けます。

今は東京ディズニーランドで同性結婚式ができる時代です。NHKで同性愛番組がある時代です。
御社も、同性愛ブログを「その他」に隔離せず、「恋愛」カテゴリに戻すか、「ライフスタイル」の項目に入れるかしていただきたい。不当な差別はせず、ゲイフレンドリー(同性愛者に好意的)な企業であるとアピールしていただきたいです。

同性愛者はネットでの交流が盛んです。同性愛ブログは、悩める若い同性愛者、興味を持ってくれた異性愛者がまじめに読む、まじめな恋愛記事です。変態的な内容ではありません。

恋愛カテゴリから同性愛関連のカテゴリが分かれたことで、失望してブログ村から退会したブロガーがたくさんいると聞きました。その件も含めてご検討ください。

ご返信お待ちしております。

(実名)

------


ついでに、大きいカテゴリの「その他」にセクマイ関連が隔離されてたのが気になったので
「恋愛」か「ライフスタイル」ってとこに戻してくんねえかな?って要望も出しといたぜ。

カテゴリ移動はすぐにってわけにはいかなそうだけど、次の変革時に対応してくれるといいな、という期待も込めて。

せっかくだから、どんな対応してくんのかみんなで共有しておもしろがろうぜ!って思って。
なので、返信とかきたらまた報告すっからね。
ヨロピク〜。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

※いつもコメントありがとう!
 前記事のコメ返しは明日しまーっす!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ネバ先生!さすが!

ありがとうございます。
あなたのような人になりたいです。
感謝!

ありまとー!直ったらブログ村にもっかい参加しよかなー!

う~ん

万人向けに判りやすく分類したらこうなるのかな?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつも楽しく拝見しています。
この問題は実は夏頃から、かなりのブログで取り上げられていましたね。
ランキング上位のブログ主さんが、村へ質問をされて、
その回答も載せておられましたが、回答は要領を得ないもので、
このカテゴリーに属してらした方は、おそらくは村から出るか、
諦めてそのまま残られているかのどちらかだと思います。
参加ブログの当時の記事を読まれると、状況が少し分かるようですよ。

おそらく…ノンアダルトいうグループ名にそぐわないブログが
多いことが、この移動の根幹にあるようにも思え、そうならば、ある意味
参加ブログ側に問題がないとは言えないため、現状を変える動きに
繋がらないのかもしれないと、複雑な思いでいます。


こんばんは*
初めてコメント致します。

私もカテゴリー改編があった際はとても疑問に思っていましたが、要望を出そうと思ってもうまく言葉にできずでした(._.)

ネバヤさんの文書はとてもとてもわかりやすかったです!
このカテゴリーに疑問を持っている大多数のブロガーさんの意見を丁寧に代弁してくださってるように思います。ありがとうございます^^

ビアンカテゴリーが恋愛カテゴリーに戻れるよう願っています…*

No title

>etsuねいさん
わは!

>無名さん
いえいえ!とりあえず問題提起してみただけよ~応援ありがとう!

>ユキ
(^q^)

>小僧さん
いやいや、頭を柔らかくして問題点をよく考えてみてください

>一ブログ主さん
詳しく教えてくれてどうもありがとうです!
なるほど。
「ビアン(ノンアダルト)」ってカテゴリに参加していて、アダルト過ぎる記事を書くブログは、セクシャリティ云々以前に、単純にカテゴリ違反だと思いますよ。インターネットで記事を公開するってことは世界中の人々が閲覧できるって自覚がないんでしょう。バカッター炎上現象と一緒です。「セクシャリティ」とは何の関係もありません。

>るいさん
嬉しいコメントありがとう!
恋愛カテゴリに戻れるといいなあ!ゆっくり要望だしてみることにするよ!

私のコメントに対するネバヤさんのお返事についてです。
少し迷いましたが、やはりこちらに書くことにしました。

そういうブログが、村の規約違反と言うネバヤさんの認識は、正しいと思います。
私のブログは、村への参加が貴女よりかなり遅いので、ビアンなどの
カテゴリー名に、最初からノンアダルトと言う但し書きが付いていたかどうかは、
知らないのですが、今夏この移動がされた時、いくつかの参加ブログで
見受けられた意見には、このことが真の移動理由ではないかと推測したものが
少なくなかったことは事実で、私も少し驚きました。
そして実際、今の参加ブログの実情は、それを否定できないもの
がありますよね。

また村の管理人の、移動当時の、またブログ主の皆さんの疑問が出てきた
時点でのお知らせには、まず未成年の保護、そして多数の
読者に安心してブログを楽しんでもらえる環境を目指し、
と言う文言があり、村の主要な意図が、そこから推測出来なくはありません。
ネバヤさんはご覧になりましたか?今でも、にほんブログ村のトップページの
一番下にある、お知らせをクリックすると、最初に出てきますよ。
7月19日午前9時発表のお知らせをご参考下さい。
はっきりとした表現は避けていますが、セクシュアリティに関するものを
大まかに一掴みにして、不特定多数が簡単には見つけにくい場所に
移動したかったという意図が、やはりあるのではないかということです。

村はこれまでセクシャルマイノリティに対するたくさんの小カテゴリーを
作ることを許してきたのだから、元もとここは、一般社会、或いはネット世界の
標準的な認識に比べれば、セクシャルマイノリティに対して、幾分か寛容で
あったのかもしれませんよね。
もしそうであるならば、その問題とは少し異なる視点からも考える必要が
あるのかもしれないと、思いました。
無論、乱暴に大掴みにして移動したこと自体、まだまだ真の意味で
マジョリティに対してと同じ扱いをしているとは考えにくいから、
その点については、意見を述べる必要があるとは思いますが。
千里の道も一歩からですからね。そして、ネバヤさんや、その他の方が
疑問に思われている問題は、村がなぜ一斉に恋愛カテゴリーから今の場所に
移動させたかと言うことであって、それに不満なら、自由が認められてるんだから、
よそへ行けばいいと言うような問題ではないと感じます。

おへんじ

>一ブログ主さん
うおおおおおお!!
たいへんありがたいコメント、どうもありがとう!
移動事件当時の詳しい内容もわかったし、なにより村の「お知らせ」の件!知らなかった、ありがとう。
あなたのおかげで運営が煮え切らん本当の理由がわかったよ!次回の記事でさらに掘り下げてみようと思います(しつこい?)。
ちなみに、ゲイとビアン一緒のころから(ノンアダルト)って文言は入っていました。同性愛(ノンアダルト)だったよ。
あと、あなたのブログを読みたいので、よかったら鍵でいいのでURLを教えてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

fsakhjtke@yahoo.com

Hi everyone, it’s my first pay a visit at this web page, and article is actually fruitful in favor of me, keep up posting such articles or reviews.
カテゴリ
ビアンリンクはこちらー
検索フォーム
QRコード
QR
閲 覧 中
現在の閲覧者数: